大分県由布市湯布院町にある「湯平(ゆのひら)温泉」は日本一のおんせん県おおいたに古くからある天然温泉の観光・温泉街です。

湯平(ゆのひら)温泉|大分県由布市湯布院町・日本一のおんせん県おおいたにある天然温泉の温泉観光地
〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平356-1 TEL 0977-86-2367
〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平356-1 TEL 0977-86-2367
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

令和2年7月豪雨後の、湯平温泉近隣の道路状況について

この記事の投稿日:2020年08月08日

2020年8月7日より、国道210号から県道537号へ入り湯平温泉までの間は片道通行が可能となりました。

但し、平日は時間制限がかかっていますので、お越しの際は観光案内所もしくは宿泊施設まで、お電話にてお問合せ下さい。

また、湯平温泉からやまなみハイウェイ(県道11号)へ抜ける県道237号は平常通り通行できます。

大分県内の道路の通行止めや規制状況は、「おおいた防災情報ポータル」のホームページ(http://oita-bosai.force.com)でも確認できます。


「令和2年7月豪雨」に係る湯平温泉観光協会・旅館組合からのお礼

この記事の投稿日:2020年08月07日

湯平温泉観光協会・旅館組合からのお礼

謹啓 この度の集中豪雨による災害に関しまして、ご厚情あふれるお見舞いのお言葉をいただいたばかりか、お見舞品までも頂戴しましたこと、誠にありがたく心よりお礼申し上げます。

報道等でご承知のとおり、今回の集中豪雨は 湯平温泉において甚大な被害をもたらしました。人的被害として優秀な仲間とその家族を失いました。道路、河川等の被害も過去に経験のない規模となりました。

しかしながら復興の足音も日々力強く刻まれております。通行止めが続いておりました県道537号線は関係者の努力で片側通行が可能となりました。被災後、各旅館の温泉施設の復旧は早く1ヶ月で8割以上の旅館で営業再開となりました。又、お迎えに欠かせない赤提灯の修復作業も終了いたしました。

今回の集中豪雨による災害において、皆様から頂戴しました心温まるお見舞い、ご支援を糧に、湯平温泉は頑張ります。復興過程においては 皆様方にご迷惑をお掛けすることもあるかと思われますが、今後とも引き続きお力添え賜ります よう何卒宜しくお願い申し上げます。

謹白

湯平温泉観光協会 会長 麻生 幸次
湯平温泉旅館組合 組合長 新開 勝

湯平温泉観光協会・旅館組合からのお礼
●上記の画像をクリックするとPDFファイルで閲覧できます。


令和2年「第28回 湯平・大ソーメン流し大会」中止のお知らせ

この記事の投稿日:2020年06月05日

今回、新型コロナウイルスの影響により、令和2年の「第28回 湯平・大ソーメン流し大会」を中止させていただくこととなりましたのでお知らせいたします。

楽しみにしてくださっていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

湯平温泉観光協会事務局


共同浴場再開のお知らせ ~5月9日(土)午前6時より「中の湯」「銀の湯」の2施設を再開いたします~

この記事の投稿日:2020年05月08日

先日より休止をしておりました共同浴場を5月9日(土)より再開いたします。

【再開日】 令和2年5月9日(土)午前6時より
【再開施設】 「中の湯」と「銀の湯」

※金の湯、砂湯、橋本温泉の3ヵ所は、湧出量の調整により、継続して休業となります。

 


共同浴場休止のお知らせ

この記事の投稿日:2020年04月26日

先般の国の非常事態宣言を受けまして、湯平温泉の共同浴場全施設を一時休止とさせていただきます。

湯平温泉へお越しいただく皆様方へは、大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。

【休止期間】 令和2年4月27日(月曜日)~5月8日(金曜日)迄
【休止施設】 現在営業中の「中の湯」と「銀の湯」

※金の湯、砂湯、橋本温泉の3ヵ所は、湧出量の調整により、すでに休業中です。

 


  • 宿泊施設の一覧
  • 飲食店・お土産店の一覧
  • 共同浴場の一覧
  • イベント情報と周辺観光
  • 湯平温泉の公式FaceBook
  • 湯平温泉のピンポイント天気情報
  • 交通アクセス
  • 湯平温泉・散策マップ
  • 種田山頭火が愛した湯平温泉の歴史
  • 種田 山頭火ミュージアム「時雨館(しぐれかん)」
  • 湯平温泉の公式FaceBook
  • 湯平温泉のピンポイント天気情報
  • 交通アクセス
  • 湯平温泉・散策マップ
  • 種田山頭火が愛した湯平温泉の歴史
  • 種田 山頭火ミュージアム「時雨館(しぐれかん)」

ページトップへ戻る