大分県・湯平温泉(ゆのひら) トップページに戻る 泊まる 遊ぶ 観る
 

日本有数の名湯だった湯平温泉
湯平温泉の開祖は鎌倉時代と言われています。現在のような温泉街の骨格が出来上がったのが江戸後期で、今から約300年前に工藤三助という人が現在の石畳を作ったのがきっかけです。

それ以来、湯治場としての発展をつづけ、大正から昭和初期にかけて、一時代を築き上げます。 別府につぐ豊後の名湯として、また飲用泉として西の横綱に番付されたのもこの頃です。
当時、大分−湯平間を走る大湯線湯平駅前に並ぶフォードのタクシーの列を見れば、その繁栄ぶりがわかります。さらに、木造四階建ての旅館がたったのもこの頃で、今もその建物が一部残っています。一度湯平温泉に訪れれば、その歴史を垣間見ることができるでしょう・・・。
菊池幽芳や野口雨情らが宿泊した鶴屋隠宅。大正14年ごろ。 大正14年ごろの湯平停車場。
明治45年の大火災から復旧し、新築旅館が立ち並ぶ。
大正10年代。
大正10年ごろ、湯平駅から温泉場までを走っていたタクシー。 昭和初期の中田屋旅館。

各種菓子の製造卸商、山口新盛堂。昭和10年ごろ。
  昭和10年ごろの金の湯地獄。  
明治橋を行き交う湯治客。大正14年ごろ。   昭和初期ごろの湯平温泉まつり仮装隊
湯平温泉の歴史湯平温泉の効能宿紹介お店の紹介共同浴場の紹介
イラストマップであるきマップ湯平温泉ブログギャラリー最新情報交通案内湯平温泉便り
Copyright (C) 2007 Yunohira Spa. All Rights Reserved